製菓学校の男女比について

製菓学校の男女比は?

製菓学校は、プロのパティシェなどになる場合、通う専門の学校です。
最近は、製菓の専門の学校も多くみられます。製菓学校の場合、男女比はどうなっているのでしょうか。
それぞれの学校によって、差はあると思いますが、とある名古屋の学校では4対5と、それほど男女の差はないようです。パティシェは、男性でも女性でもなれる職業で、実際、ある程度したら、個人の店を持っている男性や女性の方を多く見ます。
ただ、製菓工場などは、やはりパートの関係のためか、1対4と女性の多い職場のようです。

製菓学校では、入学金、授業料などあわせると、大変高額な金額かかり、資格を取得するのも大変ですが、その分、 就職後は、手取りで25万円から30万円と、高給も可能になります。多くの専門学校では、製菓やパンなど、それぞれコースがあり、大体2年コースになっています。
また、勉強をしたいけど、家庭の経済的理由などで、修学が難しい場合でも奨学金制度や、教育ローンなどを借りることも出来るので、それを利用してから、就職後に、返済をしていくことも可能です。

製菓学校の資料を取り寄せてみよう

それぞれ、体験入学や、パンフレットなどの資料も配布されているので、気になるところがあれば、インターネットから気軽に取り寄せることが出来ます。
資格を取得することも出来て、就職後も男女問わずに、長く活躍出来るのが製菓の魅力です。また、将来的には自分の店を持つことも可能なので、大変将来が有望な職業でもあります。